ブログ

2020年06月28日

ひっさしぶりのワークショップ

KIMG0413

春休みに予定してたワークショップが延期で今日 群馬県高崎(子ども劇場主催)で開くことが出来ました。

コロナウイルスに気を付けて広い会場に距離をおき2クラスに分けて掛け軸を制作しました。

写真は好きな動物  ナマケモノ

久しぶりにワークショップで笑いました。

スタッフの方々ありがとうございました。


2020年06月22日

コロナウイルスの影響でお教室をお休みします。

続きを読む »


2020年02月01日

蓮華舎の会社ロゴです。

令和元年に縁があって出版会社の会社ロゴを書かせていただきました。
蓮華舎さんです。
こちらのウエブページでは月に一度 ウエブゲストに合わせた
書を書かせてもらっています。楽しみにしていただけると嬉しいです。
2月はなにかな?

htqtps://padmapublishing.jp


2020年01月24日

 平安の祈り ニーバーの祈り

KINDLE_CAMERA_1578207506000

10年ぶりに友だちと話した。

昔ニーバーの祈りを私の仕事場で見たことがあったと

彼女が思い出させてくれた。

朝早く目が覚めたので 書いてみた。

自分でいうのも変ですが 上手に書こうとしない字が好きだ。

カレンダーの裏に書いたのもひとりで笑った。

 

 


2019年06月08日

反古紙を使ったグッズのブランド 111115

  • KINDLE_CAMERA_1559569736000

反古紙をイカすグッズ ブランド 111115

を立ち上げました。
反古紙とは書き損じた紙のことです。
24年間続いています手書き暦の反古紙のグッズなので
手書きです。 1枚ずつのデザインの柄や文字が
違います。
写真はポチ袋で その他萬円袋もあります。

ポチ袋等は 東京練馬にあります作業所

青オニさんに作っていただいています。
その他に財布 長財布 フランスパン専用紙袋
かくれんぼという大きい紙袋 など
是非 個展でご覧ください。

111115 は やまだ あさこ を数字にしたもの。


2019年02月21日

希望的新元号 New Era name

KIMG0029

生活支援事業所での書の教室で 希望的新元号を書きました。

写真の作品は 男性Yさん 無争  Musou 争いのない世界になりますようにだそうです。

そのほかには 安新 安親 火械 未来 大泰 など
さあ どのような言葉になりますか 楽しみです。


2018年05月26日

ニューヨークの子供たちと墨三昧してきました。

KINDLE_CAMERA_1525060450000

2018年5月5日 日本では子どもの日ですが

ニューヨークにある 女性のためのコミュニテイ アートギャラリーで

ワークショップを行いました。アートギャラリーといっても

ユザワヤ的なクラフトの材料が揃い その場で創ることができる場所です。

リメイクがお手軽な価格で出来るようなお店です。

土曜日のオープン時には子どもの連れで人がわんさか溢れていました。

じっくり選んでも驚くほどの値段。ペンダンドヘッドひとつ$1 だったり

ルーツが違う人たちが住んでいるこの街で歓びも哀しみも

このショップで出来る創作力とコミュニケーションでシェアしているのが

WSをしていて感じました。

この6歳の彼女が書いた作品 YOU LOOC LOVE

ちょっと興奮してかいちゃって 本当は YOU COOL LOVE

素晴らしい言葉を書き出していました。クールになりたいよ。

https://www.eyeswideopenneny.org


2018年04月29日

上京中 at NY

KINDLE_CAMERA_1522464398000

ニューヨークに滞在2週間が過ぎ 時差ボケもなくなりスッキリとした気持ちで過ごしています。

どうやら6月に個展が開けるかもしれないところまで
たどり着き 間借りしている部屋で作品制作中。
この旅で展示会を考えていなかったのでws用の筆 紙
あるもので制作していると
不自由だからこその新しいラインが引けています。

水を注すボトルは 先日真夜中にキャンプファイヤーで
貰った
Blue Buddha という オーガニックのブルーベリージュース
青い仏
みんな考えること違うよね。

状況報告でした。


2018年03月26日

詩と書

image1-2

さくらの花咲く代々木でワークショップをしてきました。
テイーンズの為の2日間のイベントのひとこま。
今回日本初だろうと思われる方法で 詩を作り
書の作品を制作するという盛りだくさんな2時間でした。
2016年アメリカの小学校で詩のwsを参加させてもらったのが嬉しくて
書のwsに活かすことが事ができました。
参加者全員 素晴らしい言葉遊びで 自分を表現できてました。
写真の詩は

霧、 冬の朝 無限に広がる
妄想2 神々しい光に包まれると、
どんな壁も オープン
おとなしく夜の世界に行くな、
あらゆる生き物が平等なのである。
それにしても メシ食ったか?

その他このような作品も

数々の 時代の 僕を 切る 黄金色の 水 を 行く

訳のわからない言葉の列から 自分の今の思いが表れてそうなフレーズを
墨で書きました。書の作品の写真がないのはとても残念。


2017年10月04日

ワークショップ ハジケま書 New Paltz

IMG_0569
 夢が叶いました。
いつか 書の人とのワークショップや展示会が開けたらなあ。と
思っていましたが 何と特別企画? 突然WSと展示が決まりまして
10/1 にアメリカ人のバーバラさんと私のWSの二本立ての日がきました。

対照的な二人のWSにこころが踊りました。
バーバラさんは何冊も出版をされている絵本作家でもあるカリグラファ
彼女のWSは 禅的で とてもきれいに整ったステージ?でのWS。
座って大きな筆で書く 二人で一礼をしてから書きしたためる。

私のWSはご存じのように 大きな声であーでもこーでも
立って小さな筆をフルに使って! 息を止めないで思いっきり書く。

そしてバーバラさんのWSは皆さん作品を書いたその場で
折り畳んで保存をしないWS。
あまりにも儚く涙が出てしまった。
書は一瞬を現すものでもあるけど 一期一会だね。

    主催の Gomenkudasai に感謝。


(c) Yamada Asako www.yamada-asako.com 掲載の画像の無断使用・転載を禁じます。
(c) Yamada Asako www.yamada-asako.com All rights reserved.